2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
休業日
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業日
 

トップ > トランペット / Trumpet > マウスピース/Mouthpieces > GR(ジーアール) > GR トランペット/フリューゲルホルン マウスピース EMモデル
フリューゲル・コルネット / Flugelhorn, Cornet > マウスピース/Mouthpieces > GR(ジー・アール) > GR トランペット/フリューゲルホルン マウスピース EMモデル

GR トランペット/フリューゲルホルン マウスピース EMモデル

GR エリック・ミヤシロモデル
世界的なトランペット奏者として活躍するエリック・ミヤシロ氏は、近年GRが開発をしたシグネチャーモデルのマウスピースを場面により使い分けています。本人が愛用するマウスピースと全く違わぬ仕様のマウスピース7種および特注品2種をご用意しております。

定価:46,500円(税抜)
金メッキ仕上げ定価:65,000円(税抜)
製造元 : GR (ジーアール)
価格 : 円(税込)
数量
 
仕様

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
GRはアメリカ・ウィスコンシン州に工房を構える新進気鋭のマウスピース専門メーカーです。2000年に製作を本格化してから、革新的なマウスピースメーカーとして世界的にシェアを広げています。優秀なトランペット奏者、そして熟練したエンジニアという経歴をもつギャリー・ラドキー(GRはイニシャル)は、流体力学や数学などを駆使したデザインブログラムを開発。「We do the math... You make the music. 」というモットーが示すようにアルゴリズムを用いた設計によるマウスピースは、音色、吹奏感、音程感いずれにおいてもバランスが良く、「効率的かつ楽に演奏できる」マウスピースとしてジャンルを問わず人気を博しています。

Studio lead : エリック氏がメインで愛用するマウスピースと全く違わぬ仕様 (新開発のタイトなT76 バックボア)

Studio M : GR「Mカップ」のアイディアを融合。セクションワーク等にも対応(2 バックボア)

Classic #2 : 形状はGR「MX カップ」に近く、Bb管との相性が良い(2 バックボア)

Classic #3 : GR独自のデザイン、C管との相性が良い(3 バックボア)

FD : FLH用ながらTPの装着も可能。柔らかく深みのあるサウンド

Piccolo : GR「PS」カップのアイディアを融合。コルネットシャンクのみ発売

FL* : フリューゲルホルン用。既存の「FL カップ」よりも若干深い形状を採用

Studio lead 385 (特注品) : エリック・ミヤシロ モデル各種のシャンクがやや太いことをふまえ、シャンクの太さのみを約1mm レシーバーに入る(ギャップが小さくなる)ように設定した特注品。シャンク以外は「Studio lead」と違いはありません。

Studio M 385 (特注品) : エリック・ミヤシロ モデル各種のシャンクがやや太いことをふまえ、シャンクの太さのみを約1mm レシーバーに入る(ギャップが小さくなる)ように設定した特注品。シャンク以外は「Studio M」と違いはありません。

※ リム形状は全て同一。「エリック・ミヤシロモデル」に新開発されたオリジナルです(内径 .630”/16.00mm)。


エリック・ミヤシロ氏推薦文
 
GRとの出会いは2014年、いきなりの彼からのメールでした。以前からGRの噂は知ってましたが、一般的に流通していたラインアップの中には自分に合うリムサイズ、形が無く、的確な判断は出来ませんでした。でも次から次へとWayne Bergeron, Carl Fischerなどの友人たちがGRのシグネチャーモデルを使い始めて興味はありましたがそこで止まってました。Wayneから僕の連絡先を知ったそうですがある日突然、GR本人からの連絡が来た時にはまだ半信半疑。
押しが強い彼のメッセージは:”Eric,あなたの毎日をもっと楽にさせてあげるよ”でした。

あまりにも唐突のメールに戸惑った僕はすぐにWayneに連絡。Wayneからは”GRはちょっと変わった人だけど稀に見る天才だよ。試してみる価値はあるよ!”との事。取り敢えず連絡をしてみてそれからの試作品が到着するまでの流れはすごく早かったです。 

「今までに無いような感覚で演奏できる不思議なマウスピース」というのが第一印象でした。全ての音がハマる、そして倍音が豊か。発音が早いの今まで以下のエネルギーで演奏出来る。

彼と対面できたのは数年後、彼の工房に行けた時でした。膨大な資料と自分で全てを調整する最新の機材。そして一人だけでメッキ以外の全ての工程をこなす彼のパワー、情熱に驚かされました。GRは科学と数学、音響学、全てのサイエンスの視点からの設計、それにプラスの彼自身の豊富な演奏経験、音楽知識、長年のアーチストとの交流で得た物も交えた素晴らしい製品を作ってます。僕のモデルも実際に4年以上かけて作り上げマウスピースです。   

リムは僕の好みのセミフラット。口径は大きすぎず、小さすぎ無いと思うサイズで長時間吹いても唇が痛みにくい形になってます。(僕のモデルは全て共通のリムで作ってます。)

カップデザインも入念に設計されていて、Leadは高音域に適している形ですが低い音域でも十分コントロールが効く様に設計されてます。

Studio M、Classic シリーズはLeadよりもカップ内の容量が多くなっていて、音色とアタックの具合がLeadよりも鋭く無い物ですが決して高音域が犠牲にはなってないデザインです。

フリューゲルは巷に多いい深すぎるVカップではなく、本当のフリューゲルの音色、程よい明るさと深い暖かさのバランスが良い透き通った様な音色を目指して設計して戴きました。他にはコルネットシャンクのピッコロ、そしてフリューゲルにも、トランペットにも使用できるFDがラインアップに入ってます。

本当に素晴らしいマウスピースだと僕は思ってます。本当に毎日が”楽に”音楽をさせてくれるマウスピースだと信じてます。是非、お試しください!!

エリック ミヤシロ
  • トランペットマウスピース

  • フリューゲルホルンマウスピース